知ってますか?雇用保険のこと 知らないと損をする!

失業保険期間中のアルバイトについて

何らかの理由で勤めていた会社を退社した場合、失業保険に加入していたら、保険が給付される。
給付金があるとはいっても、就職して働いていた金額よりは、どうしても少ない金額となるので、給付金だけでは生活が成り立たずアルバイトを検討する人もいるかもしれない。
しかし、失業保険の給付期間中に働く場合であれば、注意が必要だ。
本人は再就職先が決まるまでのつなぎで働いているつもりであっても、ハローワークには再就職と判断されてしまう場合もある。
一時的なアルバイトのつもりであっても、条件に注意して働くことが大切だ。
では、どのような形の仕事なら、次の仕事のつなぎ目的でも再就職として見なされずに働くことができるのだろうか。
そのポイントの一つとなるのが、労働時間だ。
短期の仕事のつもりであっても、週に20時間以上の仕事を1ヶ月以上続けるのであれば、給付金を受け取ることができない。
また収入などの状況によっては、給付金の減額や条件次第では返納を求められる可能性もある。
そもそも失業保険とは、再就職先が見つかるまで生活に困らないようにするために、最低限の生活を保障するためのお金だ。
週に20時間働いていると、再就職先を探す時間がなくなってしまうため、給付金を受け取っている間は、週に20時間以上の労働が認められていないのだ。
もし失業中に再就職先が決まるまでアルバイトをしたいと考えているのであれば、まずはハローワークに相談に行って細かい条件を確認しておくことが大切だ。
まだまだ詳しく話したいところだが、ちょうど失業保険についてわかりやすくまとめてあるサイトを発見したので、そちらを紹介しよう。
アルバイトをしながら、失業保険をもらいたい人へ。>>>http://freeter-hissuchisiki.info<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です